The squeaky hinges get the oil.

アメリカの語学学校で、一番最初に先生が教えてくれたのがこのことわざでした。

「きしむ蝶つがいは油をさされる」
(squeaky というのはきしんでキーキー・ギシギシいう状態、hinge はドアなどの蝶つがいのこと)

きちんと自己主張すれば、必要なものを得ることができるという意味です。
裏を返すと、何か必要な時には自分から声を上げなければ何も得られないということでもあります。
またここには「自己主張」がポジティブなものであるという前提があります。

これを聞いた時私は、日本とアメリカとのコミュニケーション文化の違いをはっきりと感じると同時に、
私がアメリカ人の同僚と上手くコミュニケーションを取れなかった「英語」以外の理由が理解できたのでした。

日本は「言わぬが花」とか「沈黙は金」とか「みなまで言うな」とか‥要は、真逆なわけです。
また、「出る杭は打たれる」という、自己主張することや目立つことを戒めるような言葉もありますね。

日本は、ハイ・コンテクスト(High Context)な文化であるといわれます。
コンテクストとは、「文脈、〔文中の言葉の〕前後関係」とか「事情、背景、状況」という意味。
ハイ・コンテクストというのは、背景や事情などの前提条件を共有している度合いが高いということを指します。

これらの前提条件を共有しているからこそ、細部まで明らかに説明しなくても、結論を明確に言わなくても、空気や行間で相手の意図を察することができるのですね。

「こういう言い方したってことは、こういう意味だよね」と、何となく分かり合えてしまう。
察することが暗黙の了解となっています。

それに対してアメリカは、ロー・コンテクスト文化。
そもそもコンテクストの共有度合いが少ないので、言語で明確に表現しないと伝わりません。
そして、自分の意見をはっきりきっちりと口に出し、前提条件の異なる相手にも誤解なく伝わるよう、論理的に説明することが求められ、評価されます。

言いたいことがあればはっきりと言うこと。
明確に、論理的に伝えること。
不明なことがあれば自分から質問をすること。

アメリカでは…というより、文化の違う国から来た人たちが集まっている所では、そういう姿勢でコミュニケーションをとっていかないと伝わらないよということを、先生は一番最初に教えてくれたのでした。

日本では出る杭は打たれるけれど、アメリカではきしむ蝶つがいは油を注してもらえるのか、ふむふむなるほど…と頭では理解したものの、実践していくのはなかなか大変なことでした。
失敗談も数知れず。。。

その辺のお話しも、このブログの中で追々お伝えしていこうと思います。