さて、早いものでもう12月、今年も残すところあと一か月を切りました。皆さん、年の初めに立てた「今年の目標」は達成できそうでしょうか?
 
。。。というか、ご自分の目標、おぼえていますか?
 
人が目標を達成できない理由の1番は、何だかご存知ですか?
 
意志が弱いから、とか、知識やスキルが不足しているから、とか、そういうことではありません。
 
「忘れてしまうから」だそうです。忘れてしまえば、もちろんそれに向かって進むことはできませんよね。
 
ということは、目標を確実に達成するためには、「思い出す仕組みを作ること」が有効だと言えそうです。
 
例えば「目標を紙に書いて目につくところに貼る」とか?
 
。。。手軽にできるし、良い方法だと思いますが。。。でもどうでしょう。
日がたつにつれて、紙に書かれたその目標がいつの間にか風景の一部になってしまって、いくらそれを見てもやる気がおこらない、という経験はありませんか?
 
これは、目標を立てた時の「感情」を忘れてしまっているために起こります。
目標を立てる時、人は感情が高まって、わくわくした気持ちになっていますよね。
 
目標を達成するためには、この「わくわく」の感情も、目標とセットにして呼び起こす必要があるのです。
 
ということで、今日は「感情を呼び起こす」ために効果的な方法として、「フューチャーペーシング」をご紹介したいと思います。
 
やり方は簡単です。「目標を達成した時の様子を頭の中でイメージして、口に出してみる」。これだけです。ただし、ぼんやり何となくイメージするのではなく、できるだけ具体的に、くっきりと詳細まで思い描きます。
 
目標を達成した時の自分は、
  • どんな感情がわきあがっているか
  • どんな姿になっているか
  • どんな服を着ているか
  • どんな持ち物を持っているか
  • どんな場所にいるか
  • どんな人たちと一緒にいるか
  • どんな生活を送っているか
  • どんな風景が見えているか
  • どんな音が聞こえているか
などなど。
 
これを、一度だけでなく、繰返し行っていきます。
できればスケジュールを決めて定期的に行うのがおすすめです。「月曜日の朝9時から15分間」というふうに。
 
目標を達成した自分を思い描くことで、気分が上がって「わくわく感」が呼び起こされますし、また目標を達成した自分を繰り返しイメージすることで、それが自分にとって現実のこととして意識の中に刷り込まれるという効果もあります。
 
「フューチャーペーシング」は、コーチングのセッションでも使われる、目標に向かって行動を継続していくための、シンプルかつとても有効な方法です。
 
良かったらぜひ試してみてください。