先日のブログで、自分の下手な英語について、思わず “Sorry” と言ってしまったという話を書きました。

アメリカ生活の中で、謝るということに関して、日本人とアメリカ人は感覚が違うなあと感じることが多々あったので、今日はそれについて書いてみたいと思います。

日本語で謝罪の言葉といえば「すみません」とか「ごめんなさい」とか「申し訳ない」などですが、私たちは日常の中で実に頻繁にそれらの言葉を口にしています。

自分が悪いから謝ることももちろんあるのですが、そうでない場合でも、

相手に気を遣わせてしまったことへのお詫び的な意味合いだったり
本当は自分が悪いわけではないのだけど、とりあえずその場を収めるために言ってみたり、
相手に謝られている時に、なぜか自分も謝りかえしてみたり…。

それから、本来だったら「ありがとう」というべきシチュエーションでも「すみません」とか「ごめんなさい」と言っていたりもします。(←これについては色々考えるところがあり、また改めて書きたいと思います。)

私たちにとって謝罪の言葉はある意味「言いなれた言葉」なのかもしれません。

一方、アメリカ人はそう簡単には謝りません。
ちょっとした「あら、ごめんなさいね~」程度のことは、”Sorry” ではなくて”Excuse me” を使います。
彼らの感覚だと、謝罪するのは、本当に自分に非があると認めた時だけ。 I’m sorry は、本来は重みのある言葉なのですね。

アメリカ人の友人が、半分冗談、半分本気で私に「アメリカで簡単に”Sorry”って言っちゃダメだよ、訴えられるから」と言ったことがあります。

“Sorry”ってことは、非を認めたということ。
コイツは自分が悪いと認めている。
だったら訴えれば簡単に勝訴できる。
よし、訴えてやろう!。。。と考える輩がいるかもしれないからね、ということでした。

そういう発想がなかったので、さすが訴訟社会アメリカ、と妙に感心(?)したのを憶えています。
そんな彼らにとって、日本人が簡単に”I’m sorry.”と言うのは、すごく違和感を感じることなのかもしれません。

よくよく考えてみると、私は「そこは謝るところじゃないよね」という場面で、ずいぶん「すみません」「ごめんなさい」を言っているなあと改めて思います。

その辺も、おいおいここで書いていきたいと思います。