英語を使う場、特に話す時に感じるのは、学校で習ってきたアメリカやイギリスの英語だけが英語というわけじゃないということです。いろんな人がいろんなアクセントで話しているなあと。(ここでいう「アクセント」は、単語の中で強く発音する「強勢」の意味ではなく、「訛り」と訳されるもののことです。)

日本語で「訛ってる」と言うと、ちょっと「標準語でないことへの非難」的なニュアンスがありますが、英語では、その人が話す英語の「発音の特徴」というような、もう少しニュートラルな意味で使われることが多いように思います。

“You have a Japanese accent.(日本語のアクセントがあるね)”というのは 、単にそういうアクセントがあるね、という事実を言っているのであって、「あなた訛ってるよ」って言われてるわけではありません。

英語同士でもアメリカン・アクセントとかブリティッシュ・アクセントとか言いますし(まあ彼らはお互いに相手のことを「訛ってる」と思ってるのかもしれませんが)、人によっては、アクセントがチャーミングに聞こえたり、洗練されて聞こえたりもします。

あえて「訛り」という言葉を使うなら、みんな何かしら訛ってるということですね。

英語が国際語として話されているとすれば、言語の数だけアクセントもあるわけで、当然と言えば当然のこと。実際、いろんな国の人がそれぞれのアクセントで、堂々としゃべっていますし、ちゃんとコミュニケーションがとれています。

アクセントなんか気にしないで、まずは堂々と話せばいい、話さなければ何も始まらないんだから、と私は思います。

ですが、そうはいっても、じゃあアクセントはそのままで放置していてOKかというと、それもちょっと違うかなと。

同じ国の出身で同じようなアクセントの英語でも、聞き取りやすい人・聞き取りにくい人というのは確かにいるのです。

伝えるためのツールとして考えるなら、聞き取りやすい方が良いに決まっていますし、そういう意味では、英語として聞き取りやすい発音を身に付けていくに越したことはありません。

誤解しないでほしいのですが、ネイティブっぽくしゃべりましょう、ということではありません。ネイティブのようにしゃべる必要は全然ないと思います。雰囲気だけネイティブっぽく、英語っぽくしようとした結果、かえって聞き取りにくくなってしまう逆効果なケースもありますし。。

アクセントに関して目指す先は、「ネイティブのような英語」ではなくて、「聞き取りやすい英語」だと私は考えています。

アクセントはあるけど聞いている人の耳にすっと引っかかりなく入っていく英語、を目指せばよいのではないかと。

聞き取りやすい英語の発音は、雰囲気だけ真似しても身に付きません。最近「こうすれば通じる!」的なメソッドの広告も数多く目にしますが、どうなのかなあ。。。実際にその中身を見たわけではないので、もしかしたら素晴らしい方法があるのかもしれませんが。。

地道に英語の母音・子音・強勢・イントネーション・リズム、等々を一つ一つ確認していくこと。それが一番確実な近道ではないかなと私は思っています。